発明

先日、弁理士の松下昌弘先生が会長を務める
「模倣防止協会」のセミナーに行ってきました。

 

 

 

 

 

知財勉強中の私(スタッフ渋谷)でも、ワークショップや質疑応答を通して、知的財産や模倣対策についてしっかりと学ぶことができました。年々、模倣トラブルに関する相談が増えていることからも、模倣対策の重要性を感じました。

 

 

 

 


ご興味がある方は8月と9月にセミナーを行いますので、ぜひお越しください。
セミナーの詳細に関しては以下をご覧下さい。

 

■2017年8月3日
「売れる商品はマネされる!?」模倣対策セミナー

 

>>こちらからPDFをダウンロードできます。

 

 

 

 

 

■2017年9月7日
ギフトショーにて模倣対策セミナー

 

『第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017』
http://www.giftshow.co.jp/tigs/84tigs/index.htm

 

 

 

どちらも模倣防止協会会長「松下昌弘先生」と発明ラボックス「松本奈緒美」
の対談を
行う予定ですので、ぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、「模倣防止協会」について説明したいと思います。

 

 

 

 

「模倣防止協会」とは、

企業の商品やサービスのビジネスモデルや技術、アイディア、ノウハウ、デザインなどを模倣するトラブルや損失を未然に防ぐ最善対策をとるために設立された協会です。

 

 

模倣防止対策をしたほうがいい企業(人)とは?

 

■商品サービスのビジネスノウハウやアイディアを真似されたくない企業
■セミナー資料や企画書など外部に提案する機会が多い方
■バリエーション展開をしており、意匠権などを1件ずつ出願することができない方
■特許権など権利化しづらいビジネスの方

・・・など

 

 

 

 

 

 

 

具体的な模倣対策

 

■模倣ストップ!ロゴの使用

■模倣対策レベル診断

■模倣対策アドバイザーによるコンサルティング

■模倣牽制サイトへのリンク表示等

・・・など

 

 

著作権の侵害や不正競争行為など第3者が勝手に模倣することへの抑止力や防止に各専門家(弁理士、弁護士、海外弁護士、元企業知財部長等)たちがタッグを組んで全力で模倣対策してくれます。

 

 

 

模倣防止協会のHPに
模倣チェックリストなどもありますので、一度チェックしてみるといいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

▼詳しくは模倣防止協会のHPをご覧ください

 

 

模倣防止協会:http://www.mohouboushi.org/

 

模倣防止協会会長 松下昌弘先生のプロフィールはこちら