法人向け

コンシェルジュ・バミが調べてみました!

 

 

参考にしたい身の回りの発明&発明的商品

 

多機能クッションで特許?!

 

 

 

 

 

【商品名】Hiijii/ひーじー
サイズ:幅:50cm×高さ:21cm×奥行き:20cm
厚み:10cm 重さ:470g
材質: カバー:ポリエステル100%、クッション材:脱膜ウレタンフォーム
カバー色:グレー
洗濯:丸洗いOK(カバーをクッション材に着けたまま洗濯可)(陰干し推奨)
特許出願済
日本製

 

 

お腹が隠れる高さと柔らかいのに沈まないため、膝の上に置いて肘を載せると目の高さでスマホを操作でき、猫背やストレートネック、手のしびれを予防してくれ、長時間のスマホ操作が楽になります。

 

そのほか、下記のような特徴を備えています。

・正しい姿勢が自然と身につく
・肩こり・腰痛の軽減と予防
・猫背防止で呼吸を楽に
・膝の上に置く事で安心感をもたらす
・毎日使ってもへたりにくい。硬くて丈夫。
・何個もクッションを重ねる必要ナシ。高さあります。
・長時間ひざの上でもストレスフリー。軽量です。
・洗濯機で丸洗いOK!
・車内で、リビングで、色々なシーンで

 

 

【商品概要】

 

株式会社Village Vanguard Webbedさんが発売された「正しい姿勢が自然と身についてスマホ依存がはかどる」というちょっとかわったコンセプトのクッションです。

 

 

 

 

 

 

 

 注目点 

 

マイナスをプラスに変える?クッション

「スマホ依存がはかどる」という一見ネガティブにも見えるキャッチコピーですが、そこは「ヴィレヴァン」さん。自社の顧客層である若い人=スマホのヘビーユーザーさんのニーズを的確にとらえた商品だと思います。

 

 

 

 

▶ ココがすごい発明ポイント!

 

高さと凹みで特許・・・?

 

特許の詳細は公開されていませんが、商品の高さと凹みがポイントのようです。

まだ特許申請中で取得はされていませんが、特許申請中ということからも単なるパロディ商品、面白グッズではなく、きちんとしたノウハウ、仕様設計のもとに商品化されたものだという事が伝わってきます。


 

 

 

▶ コンシェルジュ・バミのひとこと

 

様々なご意見はあるかと思いますが、スマホ依存を解消することの本質はスマホの使用時間を減らすことですが、当事者にその想いが伝わらなければ・・・伝わったとしてもすぐには解決されません。

 

それならば今回のような商品によって少しでもスマホ依存の方が健康を維持できるような商品を通じてサポートしてさしあげることのほうが現実的で、即効性があったりするのではないでしょうか。

 

分からない人はほおっておけばよい・・・という事ではありません。
一方的な思いだけで商品開発をしても受け取ってもらえない・・・という事です。正面からぶつかるアプローチもよいですが、どうもうまくいかないときには真逆から見てみることで売れないものから売れるものに変わることがありますよ。

 

 

 

使う人の“ニーズを捉えられた商品”が売れる商品になる!

 

 

 

 

 

 

 

 

https://vvstore.jp/i/vv_000000000134724/
(C) Village Vanguard Webbed CORP. / TEAM★LAB Inc. 2017

 

 

 

 





執筆者
 


有限会社Imagination Creative
代表 方喰正彰

リサーチ力に定評のあるビジネスコンサルタント、コンテンツプロデューサー。
ブランディングを軸に、ビジネスモデルづくりや新規事業のプロデュースなど、業種・分野を問わずコンサルティング活動を行っている。また、日本初となる「眼精疲労改善のための専門サロン・休眼(kyugan)」を立ち上げ展開を図っている。
代表的な著書:『ワンピースの言葉が教えてくれること』、『とことん調べる人だけが夢を実現できる』

方喰正彰の詳細プロフィールはこちら >>
著書紹介