最新コラム

「チザコン」は発明ラボックスの開催する「特許費用全額出します!
コンテスト」
です。

 

このコンテストに応募されるには、弊社と秘密保持契約をしている
専門家(弁理士)に「先行技術調査」をして頂き、その評価を持っ
て応募が完了となります。

 

その費用は、応募者の負担となっておりますのでご了承の上、ご応募ください。
アイデアによっても違いますが、簡易調査+先生からのアドバイス
お願いしておりますので、1件、約3万円程度になります。

 

 

なぜ、専門家(弁理士)の先行技術調査が必要なのでしょうか?

 

今までにない画期的なアイデアだと、専門家(弁理士)による
調査内容から
客観的な判断が、私どももできますし、
アイデアを採用するメーカー側も、安心して商品化を考えられる
ということがあります。

 

 

 

また
発明者ご自身で先行技術調査をして「類似はなかった」という案件が
専門家(弁理士)に調べてもらったところ、同様のアイデアが出願
されており特許を取得するのは難しい、と判断されることが
多々あります。

 

 

 

そのようなことが多々あることは、メーカーも承知しておりますので
専門家の判断がないものは、なかなか信用をしてもらえません。

 

私どもとしましても、専門家の意見を参考にしながら
優秀賞を決めたいと思いまして、このような応募フローに
なっております。

 

 

弁理士・弁護士は、依頼者の出願前のアイデアに対して守秘義務
がありますが、
私どもは出願前のアイデアを弁理士に聞くことは、
基本的にできません。

 

従いまして、あらかじめ「秘密保持契約」を交わした専門家会員
(弁理士)からしか、
未出願のアイデアを聞くことができないのです。

 

 

もう一つの目的は、発明ブラッシュアップ!

 

 

もう一つの目的としましては

発明者には、ご自身の強い味方となってくれる弁理士のパートナーを
見つけて頂きたい、ということがあります。

 

「特許」は取得できればいいものではありません・・

 

特許などの「産業財産権」は、土地や建物のように 皆様の「財産」
となります。

土地や建物は計測して「ここからここまでが私のものです」と登記
して
認められますが、「産業財産権」は文章や図面で決めます。

 

つまり、皆様が考えたアイデアは「ここからここまでです」と
財産の範囲を明確にするのが「文章や図面」なのです。

 

 

個人が自己判断で特許を書き、特許が取れたと喜んでメーカー
に売り込み、
真似され・・自身で何もできずに終わってしまっ
た方を、私は
何人も見てまいりました。
やはりアイデアをメーカーに採用してほしい、と願う方には
代理人となる弁理士が必要なのです。

 

 

 

今回の「チザコン」の応募で、先行技術調査を依頼することで、
類似出願などの報告があり、
その上で弁理士の先生からのアドバイスもあります。

 

 

類似があったら、どのように避けてアイデアを再考したら良いかが
わかりますし、知財の専門家である弁理士に相談できるので、
アイデアがブラッシュアップされ、よりレベルの高いものに変わり
ます。この機会に是非とも体験して頂きたいと思っております。

 

 

応募の段階から、皆様のアイデアの応援者=弁理士 をつけて
欲しいのです。

 

 

私どもは、その応募されたアイデアをより理解するために、調査
をした弁理士に聞くことができます。

 

 

チザコン以外、出願した権利をメーカーに売り込む「チザオク」
でも、私どもは、知財の専門家である弁理士の先生と協力して
皆様のアイデアをメーカーに売り込むことができます。

 

 

ぜひ、この機会に弁理士によるアイデアの「先行技術調査」を
お試しください。

 

 

 

出願費用全額出しますコンテスト
【チザコン