「アイデアご意見隊」企業の体験インタビュー!

体験インタビュー
株式会社西澤様は「アイデアご意見隊」に参加いただき、会員(クルー)の皆様からの意見を取り入れて商品開発に結びつけようと検討中です。
今回は、そんな株式会社西澤の西澤社長に、企業の歴史や商品開発のきっかけ、「アイデアご意見隊」の使い勝手などについてお聞きしました。

ペットキャリー・ペット用品など企画・制作・販売
株式会社西澤 西澤進一社長


「アイデアご意見隊」企業の体験インタビュー!

西澤さんは今までにどのような商品を作ってこられたのでしょうか?

matumoto松本

nisizawa西澤様

弊社創業は、戦後の昭和23年5月。先代が馬喰横山において、化粧小物関係の販売から始めました。その後、おむつカバーや化粧ポーチ、さまざまな会社のOEM(他社ブランド商品の製造代行)も手がけておりました。また、高周波ウェルダー(塩化ビニルの溶融接着)の技術で、塩ビケースやベビーカーのマット、飛行機の中で使用する安眠マスクを製造し、大ヒットしました。


わあ、いろいろな商品を作られてきたのですね。現在の、ペットのキャリーバッグを手がけるキッカケになったのは何でしょう?

matumoto松本

nisizawa西澤様

平成12年ごろから、帆布で作ったペット用キャリーバッグを販売しはじめました。当時、ペットはゲージで持ち歩くのが通常だったのですが、おそらく弊社が先駆けではないでしょうか、帆布でペットのキャリーバッグを作り販売してみたところ、とても反響がよく飛ぶように売れました。


昨今よく見かける「ペットの帆布キャリーバッグ」は西澤さんが先駆けだったんですね。たしかに金属の入れ物よりも帆布だったらペットもリラックスしますね。

matumoto松本

nisizawa西澤様

ありがとうございます。弊社のバッグは丈夫な帆布でつくられています。そして様々な工夫がされています。ペットを持っているというのが敢えてわからないような外観にしたり①バッグの硬度を保つ為に、空気が通る穴を設けたウレタンを入れたり②、側面からペットが自ら出入りできるようにファスナーがついてます。③、またワンちゃんが飛び出さないように紐がついていたり④細かい工夫も到ることろにされているのが特徴です。

petbug

飽きのこないストライプ柄、ワンちゃんのマークも可愛いですね⑤。 「アイデアご意見隊」の無料体験をしてみようと思ったキッカケはどのようなことでしょうか?

matumoto松本

nisizawa西澤様

まず、エンドユーザーに近い人達のアイデアをうかがえそうだったので、面白いかなと感じ試してみようと思いました。バイヤーや店舗からの声は聞く機会が多いのですが、エンドユーザーの声って、なかなか集めて聞く機会がないですよね。どんな意見やアイデアが出てくるんだろうと興味がわきました。


「アイデアご意見隊」の無料体験を終えられて如何でしたでしょうか?

matumoto松本

nisizawa西澤様

まず、お題(プロジェクト)案をいくつか発明ラボックスさんで出してくれたので、どんな質問をしたらいいのか選ぶのも楽で、助かりました。また、そのプロジェクトに対して、意外なほどたくさんの面白いアイデアが投稿されたのは新鮮でした。


1つのプロジェクトが終了すると、投稿されたアイデアだけでなく、私どもの具体的な商品提案や、類似商品、その値段群を出しますので、どの価格帯で販売したらよいか、忙しい中小企業様にはラクになると喜ばれております(笑)

matumoto松本

アイデアご意見隊裏ワザレポート

今回「ペットのキャリーバッグ」のアイデア募集というプロジェクトでは、2件のアイデアがロイヤリィティ契約の案件に上がりました。この2件を選ばれた理由は何でしょうか?

matumoto松本

nisizawa西澤様

具体的であること、そして今までにないアイデアという点が魅力でした。「試作あり・特許登録」という部分にも惹かれました。実際に拝見して、商品化の検討をしたいと思います。


ありがとうございました。今後とも、「アイデアご意見隊」をなにとぞ宜しくお願いいたします。

matumoto松本
法人会員 登録