発明

 

頭の中のアイデアの整理ができたら、
こんな感じの商品になるかな~?というアイデアスケッチをしてみてください。

 

アイデア発想法で冷蔵庫の中のアイデアグッズを考えてきましたが、
アイデアのポイントをいろいろ考えてまとめると、こんなスケッチになりました!

 

 

 

イラストは下手でも構いません。とりあえず自分が分かればいいのです。使い勝手がよくなるまで根気よく書いてみましょう。そうするとだんだんイメージが固まってくるはずです。「アイデア」は、育ててあげることが大事なんです。

 

 

 

 

この「アイデア発想法」通りに考えていけば、きっと素敵なアイデアが思いつくはずです。ぜひ、実践してみてください。

 

 

 

 

Coming soon
アイデアを発想したら、その後はとどうすればいいの?

▶試作はどうするの?
▶権利はどうするの?

 

 

 

 

 





執筆者
 
株式会社 発明ラボックス
代表取締役 松本奈緒美

数々のヒット発明品を生み出している主婦発明家。

生活の中から生み出されるアイデアとメーカーを結ぶ
発明ラボックスを立ち上げ、多くの発明家を応援している。

NHK「まちかど情報室」や「ヒルナンデス」「ノンストップ」
などで特集。 他マスコミ出演多数。

著書紹介発明はこれで出来る!&アイデア提案編〈発明テキストセット〉