BLOG&日記

松本です。

 

田舎の母が、泊まりに来ているので美術館でも連れて行こうかな〜

と国立新美術館に行ったら、ミュシャ展、大行列で断念。

 

 

久しぶりにTOTO「ギャラリー間」にでも行ってみるかーと立ち寄ったら、

大ファンの建築家 坂茂先生の展覧会ではありませんか!!!

 

 

「プロジェクツ・イン・プログレス」という題名で

坂建築の施工プロセス(過程)を見せるという展覧会。

 

 

坂作品の魅力は、なんといっても斬新な構造なのですが

図面をみただけでは、一般の人はわかりにくい。

今回の展覧会では、施工過程を見ることによって、その構造の考え方が
わかりやすくなっております。

 

近年、ますますその発想に磨きがかかり

もう発明家なら、必ず行くべし!!

 

展示されている建築、全てすごいのですが

一つだけご紹介するとすれば・・「フラクタル屋根」。

 

これがパーツです。これを組み合わせて屋根を作ります。

 

 

影も美しい・・・

風を通す、夏は木漏れ日のように涼しく、そして冬は日が入り暖かい。

 

 

 

こんな感じで組み合わせていきます。

 

 

組み立てると、力が分散される構造に。

強い力が加わっても「折れる」心配がなく、まさに関係性で各々が保ち
全体が保たれる。

 

 

さて、これがどんな屋根になるのかは、ギャラリー間へゴー!